私の住んでいる地域では、毎年「世代間交流会」というものが行われています。
お年寄りの方から、昔の遊びを学び、子供と地域のみなさまとの交流をもつというものです。
近年、子供は地域のみんなで育てよう。という考えがあるようです。
交流会では、お土産として、お菓子やその時に作ったもの(割り箸の鉄砲や紙飛行機など)を持ち帰らせてくれます。
今回、そのお土産のひとつとして、入っていたのが、「ようかいけむり」。
妖怪の絵が描かれている、1枚のカードで、裏面にノリのようなものが付着していて、それを指につけてこすると、白い煙が出てくる。というもの。
駄菓子屋さんでよく見かけたなあ。大人も懐かしいと思えるものでした。

年末年始、帰省して、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚などで集まることも多いかと思います。
そんな時に、ほんのちょっとでも、みんなで楽しめるものがあると会話が弾んでいいのかもしれませんね。