40代女性


突っ込んでくる自転車を避けることは、難しいことです。
けれども、裁判所は、車に対して、突っ込んでくる自転車を避けることが出来なかったことに対して、一定の過失を認める傾向にあります。
事故に至るまでの段階で、危険を察知できるという理由です。この手の交通事故は、過失割合で、非常に揉めます。
本件では、簡易裁判所から、基本的な過失以上の過失があると言われておりましたが、事故状況を立証し、基本的な過失割合で解決しました。

基本的過失割合

基本的過失割合とは、過失割合について事故類型ごとに定められた割合であり、裁判所も基本的過失割合を基準に過失割合を決定していると言われています。