通院すれば必ず慰謝料がもらえる!?

近年、交通事故の知識がインターネットを中心に世に溢れており、「通院すれば慰謝料が貰える」と安易に考えて、実際には怪我をしていないにもかかわらず通院をされる方も稀におられます。そうした事案においても、しっかりと法的に主張・反論することで防御することが可能です。

弊所にご依頼のあった案件

(10代女性)
ご依頼様が相手車両の横を通り過ぎた際に軽く接触した軽微な事故であったにもかかわらず、相手が怪我をしたと主張して9ヶ月以上も通院を続け、訴訟を提起してきたという事案がありました。訴訟では、相手のカルテを全て取り寄せて相手が怪我をしていなかったことを立証し、事故態様に関する相手主張の矛盾を的確に突く等して主張・反論し、結果的に、裁判所も相手が怪我をしたことには疑問があるとの認定に至り、自賠責基準以下の金額で和解が成立しました。その後、支払った和解金は自賠責保険から全額回収しましたので、依頼者様には1円も負担が発生せずに事件を解決できました。