脛骨骨折

交通事故で、膝に衝撃が加わった際に脛骨骨折が生じることがあり、膝の靱帯損傷や脱臼、膝蓋骨骨折などを伴うことが多いようです。

脛骨骨折の種類

脛骨の骨折は、おおまかに言うと「脛骨近位部骨折」、「脛骨骨幹部骨折」、「脛骨遠位部骨折」があります。
「脛骨近位部骨折」は、「脛骨近位端骨折」、「脛骨顆部骨折」、「脛骨高原骨折」、「プラトー骨折」等の傷病名で呼ばれることがあります。

脛骨近位部骨折(「脛骨近位端骨折」「脛骨顆部骨折」「脛骨高原骨折」「プラトー骨折」)の後遺障害等級

可動域制限

膝関節に可動域制限が残ってしまった場合は、可動域制限の程度に応じて12級7号(4分の3以下)、10級11号(2分の1以下)が認定される可能性があります。

痛み(神経症状)

可動領域制限がなくとも、残存する痛みについては、12級13号・14級9号が認定される可能性があります。

脛骨骨幹部骨折(下腿骨骨幹部骨折)の後遺障害等級

足の短縮について

足が短くなってしまったのが1㎝~3㎝未満の場合は13級8号、3㎝~5㎝未満は10級8号、5㎝以上の場合は8級5号が認定されます。

骨の変形(長管骨の変形)について

15度以上曲がってくっついた場合、脛骨(骨端部を除く)の直径が3分の2以下に減少した場合は12級8号が認定されます。

脛骨遠位部骨折の後遺障害等級

可動域制限

足関節(足首、屈曲・伸展)の可動域制限が残ってしまった場合は、可動域制限の程度に応じて12級7号(4分の3以下)、10級11号(2分の1以下)が認定される可能性があります。

痛み(神経症状)

可動領域制限がなくとも、残存する痛みについては、12級13号・14級9号が認定される可能性があります。